割引手形とファクタリングの違いは?

 

得意先から払い出された手形を銀行へ持っていき、手形の額面から利息に相当する額や手数料を差し引いて換金してもらう事ができます。これを割引手形と言い資金調達の為の方法ですが、これは持ち込んだ手形を担保として、新たな融資を受けると言う考え方になります。

手形を担保にした融資とは

これはあくまでも融資であって、借り入れと同じことです。銀行からの融資は担保を用意しなければいけませんよね。この場合は、この手形が担保となっているということですから、取引先が振り出した手形を担保にして銀行から借り入れをしている、ということになります。
では、この手形を払い出した取引先が期日になって支払いができない状態になってしまうとどうなるのでしょうか?
つまり担保にしている手形が、不渡り手形になってしまうということです。
不渡り手形になると、手形としての価値はなくなってしまいます。それは、この担保に価値がなくなるということを意味します。
この手形を担保にしてお金を貸している銀行側としては早々に返済を求めてくることになります。担保価値がなくなってしまったのですから、当然のことですよね。
このように手形や割引手形を用いた資金調達の場合は、融資契約であり借り入れと同じことになります。そしてもし担保(手形)に価値がなくなってしまうと、返済を求められるということに直結します。
資金ショートの不安のある中で、こうなってしまうと困ってしまいますよね。

一方ファクタリングの場合はどうでしょうか?

先にもご説明した通り、ファクタリングは融資や借り入れではありません。これは売掛債権を買い取って頂くサービスです。

融資ではなく売掛債権を買い取るサービスです

ファクタリング会社が売掛金を債権(売掛債権)として買い取ります。そして、売掛金の額面から手数料を引いた額を短期間で用意してくれます。これは債権の買い取りという扱いのため、たとえ取引先がその後倒産したとしても、あなたにその返済義務は生じない契約になります。
ファクタリング会社としても、現実的なリスクがある為、銀行や金融機関からの借り入れよりも手数料を若干高目の設定にしています。リスクをとって現金を用意して手数料で儲けるというビジネスモデルと言うことでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です