資金ショート 寸前での資金繰りの方法

 

コストの削減について洗い出し・実施検討が行えれば、今度はまた別の資金繰りの方法に取り組んでみましょう。
銀行・金融機関へのリスケ依頼

※リスケ… リスケジュールの略。スケジュールを組みなおす・計画を変更する と言った意味

銀行や金融機関に向けた、リスケジュールはかなり有効で効果的な手段と言えます。毎月の銀行の融資や借入の返済金額や時期を期間限定で見直すことで、当面の資金繰りを良くしていこうという訳です。

 

参照サイト:資金ショート寸前!倒産を防ぐための資金調達方法

たとえば銀行や金融機関に毎月50万円を返済しているとしましょう。それを向こう1年間の期間限定で、半分の25万円にしてもらう様に相談してみるとしましょう。
実現できれば、支払額は25万円×1年で年間300万円となり、それだけ支払いにも手持ち資金にも余裕が生まれることになります。
そんな簡単にリスケに応じてくれないのでは?
と疑問に感じるかもしれませんが、じつはきちんとした根拠を示せば案外受け入れてくれることが多いのが事実です。
銀行や金融機関側の考えとしては、融資先の会社がこのまま資金ショートを起こして倒産してしまうと困るのです。
そうなってしまうと、貸し付けたお金が[不良債権]となってしまいます。
銀行や金融機関はこの[不良債権]が発生するという事は、最も防ぎたい事柄なのです。
ですから、1年間といった期間限定で返済額を調整してもらい、その期間で会社の経営状態を立て直し、その後は当初の予定通りに返済を行っていけます。という事を理解してもらえれば良い事なのです。
その明確な根拠となる資料を作成し、誠実に取り組み、実態を誠心誠意伝える事で銀行や金融機関も理解を示してくれると思います。結果、リスケを受け入れてもらいやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です