資金ショートとは?赤字とは意味が違う

 

まずは最初に、「資金ショート」という言葉の意味について考えてみましょう。
資金繰りを行う際によく聞く言葉ですが、実際のところどの様な状況になることを言うのでしょうか?

あなたの運営している会社、最近売り上げが下がってしまい、赤字経営になってしまいました。
何とか、資金繰りはできており、会社の運転資金などの支払いには現段階では支障は出ていない。
この状態は「資金ショート」とは言う状態ではありません。
逆に、あなたの会社の経営は順調そのもの、売上も安定して推移しています。しかし、現金回収のサイトが長く
売掛金は膨らむ一方… 手元の現金が少なくなり始め、次第に資金繰りは厳しくなり、月末の支払いにも困る様になってきました。
この状態が「資金ショート」と言われる会社の状況です。
このままでは、月末の支払いに困る状態になります。会社の経営状態は黒字でも、運転資金の支払い等が出来なくなります、これを「黒字倒産」と言います。現実的に多くの中小企業の経営者様が、この憂き目に遭うことも少なくありません。

要は、
・売り上げは順調でも、取引先との支払い条件等の理由で、現金化がスムーズでない。
・売掛金回収サイトと買掛金支払いサイトのバランスが悪く、現金が手元に残り難いサイクルに陥っている。
・仕入れ過多となる傾向で、在庫資産は多いが現金化が出来ていない。
・借入金の返済など、費用として計上されない現金での支払いが多い。

と言った様に、売上不振や在庫過多・売掛金の異常な増加・経費(現金払い)がかさむことによって、収支のバランスが崩れていき、資金繰りに困った結果、支払いを行う為の手持ち現金が不足する事を「資金ショート」と言います。
赤字経営=資金ショートではない
資金ショート=手元の現金が少なくなり、支払いができない状態

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です