資金ショート 寸前での資金繰りの方法

 

コストの削減について洗い出し・実施検討が行えれば、今度はまた別の資金繰りの方法に取り組んでみましょう。
銀行・金融機関へのリスケ依頼

※リスケ… リスケジュールの略。スケジュールを組みなおす・計画を変更する と言った意味

銀行や金融機関に向けた、リスケジュールはかなり有効で効果的な手段と言えます。毎月の銀行の融資や借入の返済金額や時期を期間限定で見直すことで、当面の資金繰りを良くしていこうという訳です。

 

参照サイト:資金ショート寸前!倒産を防ぐための資金調達方法

たとえば銀行や金融機関に毎月50万円を返済しているとしましょう。それを向こう1年間の期間限定で、半分の25万円にしてもらう様に相談してみるとしましょう。
実現できれば、支払額は25万円×1年で年間300万円となり、それだけ支払いにも手持ち資金にも余裕が生まれることになります。
そんな簡単にリスケに応じてくれないのでは?
と疑問に感じるかもしれませんが、じつはきちんとした根拠を示せば案外受け入れてくれることが多いのが事実です。
銀行や金融機関側の考えとしては、融資先の会社がこのまま資金ショートを起こして倒産してしまうと困るのです。
そうなってしまうと、貸し付けたお金が[不良債権]となってしまいます。
銀行や金融機関はこの[不良債権]が発生するという事は、最も防ぎたい事柄なのです。
ですから、1年間といった期間限定で返済額を調整してもらい、その期間で会社の経営状態を立て直し、その後は当初の予定通りに返済を行っていけます。という事を理解してもらえれば良い事なのです。
その明確な根拠となる資料を作成し、誠実に取り組み、実態を誠心誠意伝える事で銀行や金融機関も理解を示してくれると思います。結果、リスケを受け入れてもらいやすくなります。

資金ショートを防ぐ コスト削減のさらなる徹底

 

あなたの会社の資金繰りが良くない、資金ショートの心配がある状況になって、コスト削減策を色々と検討されている事でしょう。改めてもう一度見直してみると、まだまだムダなコスト(現金出費)がある事に気づくかもしれません。
会社の売り上げが低下を始め、経営状態は厳しくなってきている状態でも、社員たちはその実態を理解せず、今までと同じ調子で接待交際費などを使っているかもしれませんし、節約意識の低いままで業務を継続している事があるかもしれません。
またさらに
・役員報酬や人件費のさらなる見直し
・原料や仕入れ費の値下げ交渉、支払いサイトの見直し
・赤字事業の明確化・廃止の検討
・遊休資産や個人資産、不動産資産などの洗い出し・売却の検討
・税金や保険の支払いを遅らせる為の行動

簡単に考えても、以上のようなことが検討できます。まだまだコストを削減できる分野があることに気づくかもしれませんね。

税金や保険料の支払いは待ってくれるの?

税金や社会保険などの支払いは、社員数によってはかなりの額に上るため資金繰りが厳しい時は正直厳しいですよね。長期に渡る滞納は、国からの差し押さえなどに繋がることもありますが、本当に苦しい時に一時的に支払いを遅らせると言った相談も、有効な資金繰りの方法と言えます。
滞納があったからといってすぐに差し押さえされる訳では決してありません。まずは滞納があることを知らせる文書が送付されてきます。そしてそれでも支払いが行われない時に、差し押さえという最終手段が実行されます。
しかし国としても会社を潰すことが目的ではありません。倒産してしまうと、税金や保険を徴収できない事態になります。国が求めるのは、あくまでも完納が目的です。
事前に説明に出向き、誠実に資金繰りが厳しい状況を説明し、いつごろまで待ってもらいたいのか?いつ頃には資金繰り改善の見込みがあると言った様に、状況を説明に出向くことにより、一時保留や分割払いと言うように、支払いに猶予をもってもらえる可能性もあります。
税務署や年金事務所に出向いて行って、資料などをきちんと用意して誠実に向き合うことで状況が改善することも多いと言えますよ。

資金ショートとは?赤字とは意味が違う

 

まずは最初に、「資金ショート」という言葉の意味について考えてみましょう。
資金繰りを行う際によく聞く言葉ですが、実際のところどの様な状況になることを言うのでしょうか?

あなたの運営している会社、最近売り上げが下がってしまい、赤字経営になってしまいました。
何とか、資金繰りはできており、会社の運転資金などの支払いには現段階では支障は出ていない。
この状態は「資金ショート」とは言う状態ではありません。
逆に、あなたの会社の経営は順調そのもの、売上も安定して推移しています。しかし、現金回収のサイトが長く
売掛金は膨らむ一方… 手元の現金が少なくなり始め、次第に資金繰りは厳しくなり、月末の支払いにも困る様になってきました。
この状態が「資金ショート」と言われる会社の状況です。
このままでは、月末の支払いに困る状態になります。会社の経営状態は黒字でも、運転資金の支払い等が出来なくなります、これを「黒字倒産」と言います。現実的に多くの中小企業の経営者様が、この憂き目に遭うことも少なくありません。

要は、
・売り上げは順調でも、取引先との支払い条件等の理由で、現金化がスムーズでない。
・売掛金回収サイトと買掛金支払いサイトのバランスが悪く、現金が手元に残り難いサイクルに陥っている。
・仕入れ過多となる傾向で、在庫資産は多いが現金化が出来ていない。
・借入金の返済など、費用として計上されない現金での支払いが多い。

と言った様に、売上不振や在庫過多・売掛金の異常な増加・経費(現金払い)がかさむことによって、収支のバランスが崩れていき、資金繰りに困った結果、支払いを行う為の手持ち現金が不足する事を「資金ショート」と言います。
赤字経営=資金ショートではない
資金ショート=手元の現金が少なくなり、支払いができない状態

資金ショート寸前…

どうしよう…手元に現金がない
月末はもうすぐ目の前…支払いは…
資金ショート…倒産間近なのか…

会社を経営していると、危機的な状況に追い込まれる時が時々ありますよね。頼りにしていた取引先との契約が打ち切りになったり、仕入れ先の影響で商品が製造できなくなったり、予定していた入金がなかったり、予期せぬ設備トラブルの為商品の納期が守れなくなったり、急な支払い請求がきたり、また、あなた自身が体調を壊して仕事を休まざるをえなくなったりと… 考えられるだけでも危機的な状況はいつ訪れてもおかしなことではありません。

社員や家族、取引先を守るために一生懸命働いていても、うまくいかない時があるのも会社経営の真実ですよね。資金がもうショート寸前。どうやってこの窮地を乗り越えたらいいだろうか、と悩むこともあるとおもいます。
そんな全国の悩める中小企業の社長さんたちに朗報です。もうダメだと思っても、まだあきらめるのは早いです。資金ショート寸前でも、まだできることは沢山あります。苦しい時にこそできる資金繰りの方法・あなたの会社を立て直す方法について、このサイトではご紹介しています。

特に、銀行や他の金融機関に頼ることなく、会社の負債も増やさない。
借りない資金調達である「ファクタリング」という、ピンチをチャンスに変える資金調達の方法についても詳しくご紹介させて頂いております。
人は苦しくなると、視野が狭くなり、思考は衰え、物事を判断することも、自体を冷静に見つめることもできなくなってしまいます。
そして万策尽きたと思ってしまいます。しかし現実には、まだまだあなたの知らない方法や手段が残されているのです。
このサイトは、資金ショート寸前の悩める全国の経営者の皆様にとっての、助けになれることを願っております。

割引手形とファクタリングの違いは?

 

得意先から払い出された手形を銀行へ持っていき、手形の額面から利息に相当する額や手数料を差し引いて換金してもらう事ができます。これを割引手形と言い資金調達の為の方法ですが、これは持ち込んだ手形を担保として、新たな融資を受けると言う考え方になります。

手形を担保にした融資とは

これはあくまでも融資であって、借り入れと同じことです。銀行からの融資は担保を用意しなければいけませんよね。この場合は、この手形が担保となっているということですから、取引先が振り出した手形を担保にして銀行から借り入れをしている、ということになります。
では、この手形を払い出した取引先が期日になって支払いができない状態になってしまうとどうなるのでしょうか?
つまり担保にしている手形が、不渡り手形になってしまうということです。
不渡り手形になると、手形としての価値はなくなってしまいます。それは、この担保に価値がなくなるということを意味します。
この手形を担保にしてお金を貸している銀行側としては早々に返済を求めてくることになります。担保価値がなくなってしまったのですから、当然のことですよね。
このように手形や割引手形を用いた資金調達の場合は、融資契約であり借り入れと同じことになります。そしてもし担保(手形)に価値がなくなってしまうと、返済を求められるということに直結します。
資金ショートの不安のある中で、こうなってしまうと困ってしまいますよね。

一方ファクタリングの場合はどうでしょうか?

先にもご説明した通り、ファクタリングは融資や借り入れではありません。これは売掛債権を買い取って頂くサービスです。

融資ではなく売掛債権を買い取るサービスです

ファクタリング会社が売掛金を債権(売掛債権)として買い取ります。そして、売掛金の額面から手数料を引いた額を短期間で用意してくれます。これは債権の買い取りという扱いのため、たとえ取引先がその後倒産したとしても、あなたにその返済義務は生じない契約になります。
ファクタリング会社としても、現実的なリスクがある為、銀行や金融機関からの借り入れよりも手数料を若干高目の設定にしています。リスクをとって現金を用意して手数料で儲けるというビジネスモデルと言うことでね。